HOME > STORY > 部屋を彩るヴィンテージの花器たち
2021.05.29 up

部屋を彩るヴィンテージの花器たち

部屋を彩るヴィンテージの花器たち

進化型古着屋”森”では、以前より古着だけではなく、ヴィンテージの花器を扱っています。

私たちは”Vintage Flower Vase”と呼んでいますが、それはビビッドな色、自由な造形、様々な大きさや素材が特徴的で最近の花器では、なかなか見かけないものばかりです。

アメリカやヨーロッパ、または日本国内で、生産国や作られた年代を問わず、バイヤーが厳選して集めてきています。

 

Vintage Flower Vaseの面白いところは、作られた時代や国によって、デザインや色合い、使われている素材が大きく異なることです。

その時代に流行したカラーや形状、使われている釉薬や製法等、花器からその時代の空気感や熱量が伝わってくるのが、Vintage Flower Vaseの魅力です。

アメリカの西海岸で買い付けてきた1960年代~70年代のもの。

 

 

1970年代に日本で流行したクラフトガラスの品々。

 

 

当時、一度は役目を終えてしまった花器たちが、時代を超えて、国を超えて、今こうやって、もう一度愛着を持って使われることは、まさに【USEDを拡張する】ことです。

 

私たちの”洋服やモノが長く使う事が格好良い”という価値観を反映しています。

 

ジャンルを問わず、良い品は時代を超えて愛され続けていくものです。

 

 

 

そんなVintage Flower vaseが、マガジンハウス社から発売された雑誌”BRUTUS”に掲載して頂きました。

是非、ご覧になってください。

 

家で過ごす時間が増えている中、部屋に花を飾ることが人気になってきました。

一点ものアートピースのような造形のFlower vaseと、好きな花を自由にコーディネートする、、、

家での新しい愉しみ方の一つになればと思います。

 

下記リンクよりお求めいただけます。 ↓

 


戻る