HOME > STORY > オートクチュール技術×古着で生まれるNew Fashion | 上田安子服飾専門学校×森
2020.08.10 up

オートクチュール技術×古着で生まれるNew Fashion | 上田安子服飾専門学校×森

オートクチュール技術×古着で生まれるNew Fashion | 上田安子服飾専門学校×森

2020.07.27(mon)~08.10(mon)の間

“森”店内にて

上田安子服飾専門学校×森「オートクチュール技術×古着で生まれるNew Fashion」の展示、販売を開催いたしました。

 

今回のイベントは、上田安子服飾専門学校の現役学生クリエイターが作成した商品を、“森”にて実際に販売するという企画です。

“森“の運営会社である「株式会社ヒューマンフォーラム」には上田安子服飾専門学校の卒業生が多数働いていて、以前から親交がありました。

そして新店舗である“森”と同じ「大阪梅田」地区であること、“森”のコンセプトでもある「サスティナブル」にも共感していただき、この企画が実現しました。

 

・企画内容

今回“森”で用意した、販売することができなくなった「古着」(仕入れの段階ではわからなかった「破れ」や「汚れ」などが後々見つかり、商品として販売できないと判断されたもの)を使用して学生が自由にをアップサイクルさせ、店内で販売いたしました。

 

テーマは学生が個々に考え、形にしました。

コンセプトや特徴などが、それぞれの商品に別紙で記載されています。

また値段に関しても原価、作業費などを考慮し学生自身が決めていき、「ビジネス」としての目線でも考え、学べるような内容となっています。

 

授業の一環とはいえ、実際に商品としてお客様の手に届く物なので、縫製など商品として販売できるレベルか?という部分ではショップとして厳しく審査し、審査が通った物だけを販売しています。


 

当初は今年の春に展示・販売する企画として進行していたのですが、新型コロナウイルスの影響もあり、今の時期にずれ込んでしまったという背景があります。

特に今回参加した学生達は、学校にも通うことができず、リモートでの授業や在宅での作業など、制作環境が万全ではない状況の中商品を完成させました。

 

“森”では今後も、若い学生クリエイター達の想いやアイデア、新しい感性を感じられる場を、上田安子服飾専門学校様と共創していきます。

 

 

【販売コーナー】

上田安子服飾専門学校店内コーナー

 

上田安子服飾専門学校店内コーナー2

 

売り場3

 

 

【販売作品(一部抜粋)】

チャイナジャケット

 

 

スポーツスカート

 

スポーツスカート

 

 


戻る